So-net無料ブログ作成

見付け重視! [作品(瓦のこと)]

私の、屋根工事に対する考え方です。いつも言っているのが


「見付け重視」です。屋根をどこから見るみるのか?を常に頭に置いて工事をします。それが、庭だったり、道だったり、はたまたベランダだったり、2階の窓だったり、その家によってさまざまです。


だからって、見えない所は、手を抜いていい!と言っているのではありません。人が見て、綺麗な仕上がりを常に目指しています。


 


今日は、風切り丸と、大棟の取り付け部分です。


私の仕事を公開します。通常は、風切り丸が先で大棟で包むように


施工している人が多いと思いますが・・・


私の場合は





逆に丸の方を切ります。その方が下から見た時に綺麗に見えます

 

 




ここの所、熨斗の方をひかり付けると、どうしても ここ




の部分が、どんなに手間をかけても、微妙に空いてしまいます。

私は、この方が綺麗と十数年前からこの方法で工事しています。

ただし、この方法には、雨仕舞いが心配という欠点があります。

でも、ここの部分の雨仕舞いなんて、プロなら簡単・簡単!

皆さん、何も、マニュアル通り施工する必要はない、綺麗が一番!!

見付け重視!!ただ、雨仕舞いには気を付けてね♪

 

そんなこんなで、気持ちよく屋根を葺いて来ました~




とんとん、ルン(^◇^*))((*^◇^)ルン♪


コメント(19) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。