So-net無料ブログ作成
検索選択

新発売下駄パート2(笑) [作品(瓦のこと)]

雨あがりの今日、仕事に行ってきましたぁ。


雨上がりって、下の地面が、ぐちゃぐちゃだよね♪


そのまま、平気で、屋根の上に上がっちゃうと、屋根の上が、泥だらけに


なっちゃいます。


そんな時、キチッと、下履き、上履きに、履き替えられる屋根屋ちゃんは、一流です。そこで、二流の私みたいな奴は、変な事やりますw(笑)


以前の記事新発売!下駄(笑)これは失敗だったなぁ!(笑´∀`)ヶラヶラ


んで、本日!これはど~だじゃ~ん


 


今回は、超軽量、地球に優しい、ソフトタッチに仕上げてみました。


約800グラム減量(当社比)


はき心地満点のこの下駄どうぞ!ご覧下さいませ!(笑)


 





ほ~ら




とても、画期的な下駄です。((*´∀`))ウキャキャ

 

あっ!そうだ!そのまま、土足で、屋根の上に、平気で、乗る奴は、

超三流です。わかったか!ば~か!(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!


コメント(2) 

悪質ないたずら(笑) [作品(瓦のこと)]

今日も、お手伝いの、現場です。




昨日、なんとか、お花マークのルーフイングまで、




完了して、今日は、残りの、瓦桟打ちからです。




しっかし、み~んな、こっち側に来ないのです。来たがらないのです。

 

どおして??

原因は、この裏の、杉の木です。

どおりで、み~んな、(≧Д≦)ブッヘックション!ってしているはずです。

 

そこで、超親切、正義の見方の私は、このムチ(笑)で、

 




犯人を、このように、コチョコチョしてあげました。

(゜д゜メ)ゴルァ(。д。メ)ゴルァ(゜д゜メ)ゴルァ(。д。メ)ゴルァ(゜д゜メ)ゴルァ

てめーが犯人か ?(っ`Д´)っ・:∴ゴルァ!!!!!!




 

 







すると・・・・・・

山田さん!冗談でも、やめて下さい!!!っとの事。

 

実は、私は、とんでもない事をしていたようですw。(笑)

花粉症の人達にとっては、悪魔のような行為をしていたようですw。

ちょっと、_(__;)ゞ 反省~!ですw。

 

お蔭で、現場の皆~んなからは、総スカンをくらって、(笑)

杉の木近くの、裏側を、一人で、担当する事になりまちた。(;´_`)トホホ

本日の作業は、ここまでです。




表側は、この、涙目の、マスク軍団(笑)




です。

皆様、大変申し訳ありませんでした。そして、全世界の、花粉症の皆様、

。o゚(Д`q)))【・゚・ごめんなさい・゚・】(((p´Д)゚o。

大幅に、_(__;)ゞ 反省~している、お洒落な屋根です。

だって、2対1だぜぃ!←ちょっと、違う気が・・・・・?

。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

 

ほんとに、m(。`。)mゴメンナサイです。はい。

 


コメント(4) 

ブースカ(笑) [作品(瓦のこと)]

今日は、仲間の(いのちゃん)のお手伝いで、瓦葺き替えのお手伝いに


行って来ましたぁ!こ~んな感じの、切り妻屋根です








こ~んな風にズレちゃってます。よって葺き替えに決定です。

 

そだ!本日は、書きたい事、もりだくさん!(笑)なので、数点

勝手に書いちゃいますので、勝手にコメントして下さいませ(笑)

 

とりあえず、この炊事場の鬼瓦

 




かっちょいいでしょ(変形州浜鬼)かな?

んで、瓦を、このように、UFOキャッチャーで、(笑)




ご覧のように、命がけで、下ろしますw。(笑)

今回、おなじみの、鈴木正一瓦工場のM幸君と一緒にお手伝いです。

ほ~ら!彼が、命がけで、最後の1枚角瓦を、はずしていますw。

 




でも?落っこちちゃってもいいんです。ほんとは・・・・n(ー_ー?)ン?

 

だってよ~!この下には、何故か???




トランポリンがあるんだよ~っ!(笑´∀`)ヶラヶラ

そんで、お昼は、すぐ隣の変な?食堂で、




いのちゃんに、カツ丼の大盛を、おごってもらいました。

この食堂、何が?変??って・・・・・・

 

こ~んなんだよ?(笑´∀`)ヶラヶラ




こっちも、




外も、




変なお店でしょ?(笑´∀`)ヶラヶラ

でも?やっぱ、俺てきには、ブースカだなブースカだよブースカ!

。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

 

さて?午後からは、大事件発生です。

火事です。足場の上に上げた野地板から、火が出ています。

これには、驚いたぜぃ!ほ~ら、

 




火のない所には煙はたたない!よね♪

原因は、大工ちゃんの若いしが、この、PPバンドを、

 

 




ライターで、切ったんだってさ!

皆さんも、どおしてもの場合、ライターで、切っちゃう事あるでしょ?

 

これ、マジやばいですのよ~ん?気を付けましょうね♪

だって、数十分後に、炎だよ!怖いよね♪

ぶったまげて、水取りに下に行ったけろ、ほんと、驚いたよ~ん!

 

「シオシオのパー」だぜぃ!ψ(`∇´)ψ うきょきょきょ

「バラサ、バラサ」のほうがいいな!(笑´∀`)ヶラヶラ

 








コメント(4) 

歴史があるのよ! [作品(瓦のこと)]

今日は、お寺さんの、修理に行って来ましたぁ


まず、ここの、例の棟越えの風による被害


 





の被害の箇所




を、とりあえず、ばらして、




今度は、めくれないように、お祈りをして(笑)このように




南蛮シックイを置いて




新しい瓦で、ステンレスの釘を打って、




こ~んなふうに、直しちゃったよ~ん!

 

こ~んな工事は、我々プロなら、超簡単なんだけろ、問題は・・・・・・・

 

ズバリこれだ




いたるところに、このようなズレが発生している屋根なんだなぁ!これが

 

それもそのはずです。瓦の大きさが・・・・・

 




こ~んなにも違うんだぜぃ!(ねじれ具合にも注目)(笑)

 

このような修理は、一般の屋根屋さんは、お控え下さいませ

私のような、熟練の、技能士しか出来ない技です。

ボンド屋なんかじゃ、直りっこないんです。(笑)

 

 

でも?世のため人のため、こ~んな場合の修理方法、本日特別に、

大公開いたします。

 

幸いにも、この瓦、今の53判より、小ぶりに出来ています。

 

そこんとこに、このように、オーバーサイズの瓦をぶち込むんです

 

 




こ~んな感じに、加工して、




ズレちゃってる所に、補充します。




このように、とりあえず、やばそうな所を、ぜ~んぶ、見てみましたぁ

 

名付けて、「入れ歯作戦!」です。((*´∀`))ウキャキャ

百枚近くの入れ歯で、にゃんとか雨漏りが止まってくれれば、うれしいです。

 

私、どおして、このような工事、喜んでやっているか?っというと、

あのね♪このお寺さん、何とも、素朴な感じのお寺さんなのよん!

軒裏見て下さい

 




通常の社寺の軒裏じゃないでしょ?

そうなんです。元は、茅葺屋根のお寺さんなんです。

住職さんのお話では、本体は、江戸時代の末期、その後、昭和の

終戦後、物のない時代昭和20年代前半に、瓦屋根に、小屋取替えを

した、建物だそうです。だから、瓦も、まちまちなんです。

 

これを、いちがいに、粗悪瓦だと、決め付ける訳にはいかないんです。

歴史があるんです。だから、とりあえずやるんです。俺じゃね~と

出来ないんです。(笑)

 

さて、茅葺といえば、このお寺さんのすぐ前に、













 

 

色地蔵様です。

 

あのね。実は、私、この茅葺き、葺き替え約10年前に、見ているんです

当時、70歳すぎの老夫婦で、工事してました。お話も色色聞きました。

私も、屋根屋ちゃんだけど、この人たちも、屋根屋ちゃんです(笑)

でもさ、私は、大工ちゃんに、下地作ってもらわなくては、瓦葺けないけど

この人達は、屋根下地は、ここだけ




で、入母屋作っちゃうんだぜぃ!すっげ~よね♪

当時、自分の、お寺の本堂の修理そっちのけで、作業にみとれて

いた事を思い出しますw。(笑)

 

そうそう、(ここ)の箇所、ほ~ら!本堂と同じでしょ

ここなんだなぁわかるかなぁわかんね~だろうなぁ((*´∀`))ウキャキャ

 

さ~て、本日の私の作業、雨が漏りませんよ~に!っと!

。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

 


コメント(4) 

今日は雪です。 [作品(瓦のこと)]

今日は、朝起きたら、でしたぁ!


 


 





よって、外仕事の屋根屋ちゃんの、私は、おお威張りで、お休みで~す

↑おいおい何も、威張らなくてもいいぞ!(笑)

 

さて、昨日、お寺さんから、連絡があり、屋根を見に行って来ました。

偶然にも、私が、この前の日記で、ヨッパながら、ひとッ講釈いたしました

棟越えの風による被害でした。ここの箇所です。




もうちょっと近づいて見ましょう




ほら




現場経験のある方なら、わかるよね♪ここの箇所だよね♪

引っ張り試験機や、耐震実験装置じゃわからないよね。

相手が、大自然ですものね。

さ~て、ここの箇所だけなら、ひょひょい!って直せちゃうんだけろ、

どうも、雨漏りもしているらしい?のです。

 

そもそも、このお寺さんとは、10年前、この、おばあちゃんの離れ

 




の、瓦屋根工事をさせて頂いてからのお付き合いです。

 

この本堂、数年前にも、私が、雨漏り修理と言うか?延命治療と言うか?

を、施した屋根です。

ご住職様とも、お話を致しました所、近いうちに、建て替えるか?

屋根替えして、大改修するか?の決断の時期には来ているっとの事

 

よって、それまでの間の延命治療っと言う事で、決定いたしました。

 

そうたい的に、ズレちゃってる瓦、お洒落な屋根先生の、格安(笑)の、

メスが入ります。

。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \


コメント(2) 

防災瓦 [作品(瓦のこと)]

最近の瓦は、防災瓦といって、ここの所に





防災爪が付いています。

 

重なり部分は、




このようになって、めくれにくくなる構造です。

私は、実は、この防災が嫌いなんです。邪魔なんです。が?

これも、時代の流れかなぁ?って思いながら、葺いています。

 

はっきり言って、こ~んなの意味ないんです。

キチッっと施工すれば、問題ないんです。

↑おいおい、こんな事書くと瓦業界から、総スカン食らうぞ!

 

でも?いいんです。嫌いな物は、嫌いなんです。

突風、竜巻、などの場合は、これでも無理なんです。

(経験者は、語る)

現場経験者なら、おわかり頂けると思いますが?

棟越えの、突風、(風向きと反対方向の平瓦がめくれる)

そうです。例えば、北風で、寄棟の、南西の隅棟の南側の面の西の

軒先から、3枚目付近の平瓦が持ち上がりますよね♪

真空状態になって、吸い上げられるらしい?(わかる人にだけ、わかる

お話)

 

ようは、こ~んな時でも、落下させない施工で、十分なんです。

万が一の時は、プロなら、簡~単に直せるんです!

 

防災瓦でも、めくれる時は、めくれます。(経験者は語る)

軽量瓦ほど、めくれ易いと言う事に、気が付かなければいけません

 

が??何を勘違いしたのか?各メーカーさん、防災・防災・軽量・軽量

オリジナルオリジナルと、言わんばかりに、変な開発していますw。

もう少し、頭で、勉強しないで、現場で勉強してほしいです。

 

こんな瓦見ました。(笑)

 

 

 




 

こんな瓦も




この超暇なご時世、何かをやりたいのは、わかるけろ、ちょっと違うんじゃね~かなぁ?

 

勝手な開発は、平板瓦に任せて(笑)、歴史ある和型は、相互性のある、形で、いいんじゃないかなぁ?せめて、防災爪止まりなら、ちょいと、加工すれば、相互性は、生まれるけろ、これじゃね(笑)

 

ど~んな時代になっちゃうんかなぁ?心配で、夜も眠れません!

↑何言ってるんだ!眠れないどころか?かっ食らってるじゃね~か!ば~か!(笑)

 

まあまあ、和型防災は、せ・め・て・防災爪止まりにしてほしい、

ヨッパの、お洒落な屋根のひとりごと、でした。((*´∀`))ウキャキャ


コメント(4) 

助っ人ここまで! [作品(瓦のこと)]

今日も、鈴木正一瓦工場さんの助っ人で、秋葉神社に行って来ましたぁ


 


ちなみに私、若輩者ながら、こちら側の破風を担当させて頂きました(笑)


ほ~ら、こっち側


 





職長さんの指示で、きゅい~ん!ってやって下ちゃい!っとの事なので

きゅい~ん!ってやってやりました。(笑)

 

あのね♪この、きゅい~ん!ってやるには、こ~んな捩じれの瓦の

組み合わせなのよん!




 

 




偶然じゃ、この、きゅい~ん!は、出来ないのよん!(笑)

 

んで、こ~んな感じに施工中




 

 




2本の丸の微妙な高さのバランスが重要問題なんだなぁ!これが・・・

 

そんで、ここん所に




鬼瓦を、据付ました。




んで、棟の台面(一段目)を積んで、




私の助っ人は、ここまでです。後は、職長さんのブログを、

ご覧下さいませ。乞うご期待です。でわ


コメント(2) 

かんばんわ(笑) [作品(瓦のこと)]

皆様、「かんばんわ」いや違った(* ^-^)ノこんばんわぁ♪


 


つい先日、大工さんに頼まれまして、看板取り付けの、お手伝いを


してきましたぁ!(笑)


 


あのね♪大工ちゃん自家製の、杉板の看板を、お店の屋根の上に


乗せるんだってさ!


 


そこで、看板を、固定する為に、瓦から、支持金具を出して欲しいんだっさ!


 


めんどくせ~けど、行ってやったよ~ん!(笑)


 


 


こ~んな感じの、一見洒落た感じのお店です。


 





でもよう、俺のセンスから言えば、不合格です。

何が???はい、屋根瓦が、不合格です。

 

どおして??今流行りの、ランダムS型瓦じゃないですかぁ!

はい、よ~くご覧下さいませ




バッチリ斜めが、のらりくらりだけど、通ってるでしょ?(笑)

そうです。違う色の2色の瓦を、几帳面に、一枚置きに、並べているんです。

 

私は、このように、単純に、一枚置きのご粗末な、浅はかな考えは、

嫌いなんです。

 

まっ、好みはそれぞれ自由ですけろ!

 

私は、このような、工事を、「市松」とか、「チェッカーフラッグ」っと、

呼んでいます。。゜( ゜^∀^゜)゜。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

 

絶妙に配置してこそ、ランダムだと思うんだけろなぁ?例えば







こ~んな感じに、葺くとか、こ~んな感じの配置とか




が、好きですw。

 

それは、さておき、この屋根に、看板を乗せるんだってさ!

 

通常私の葺いた瓦の上なら、絶~対に乗せるのか?

どおしても乗せるのか?乗せなくてはいけないのか?

他に方法はないのか?などと、大幅に、駄々をこねるところですが?(笑)

 

こ~んな市松(笑)なら、OK!でしょ!って、大工ちゃんの用意した




こ~んな金具を取り付けてやったよ~ん!




とりあえず、こ~んな感じでやってみたけろ、これまた金具も、

不合格!!

 

瓦工事側サイドからすれば、も~ちょっと、ましな金具かと思ったけろ

 

分厚くって、長けりゃ丈夫ってもんじゃねんだ!ば~か!

 

腹が、あたっちゃうじゃね~か!ば~か!ほ~れ!




にゃんとか、金具を、ずりだして、




ギリギリ、この位置でも、ダメなんだなぁ!

雪止め金具みたいに作ればいいのになぁ!アンポンタンだぁ!

 

日本中のソーラーパネルが、このようなご粗末な金具で止まって

るのかなぁ?私みたいな、職人が取り付けてるのかなぁ?

マニュアル通りで、バカッと、瓦の口が空いたまま施工しちゃってるのかなぁ?

とっても、心配です。

 

まっ!いずれにしましても、この屋根は、こ~んな感じに、




隙間なく、垂直に付きましたぁ!

 

んでもって、この看板



 

 

 

大小2枚の看板を、取り付けました

 

 




 

 




だいたい、このように、几帳面でない奴に限って一枚おきに施工します。

 

(山田瓦店データにより)(笑)

 

だってさ、見てみな、こっち側なんて、

 







ビスどころか、釘だって、1~本も打ってないんだぜ!

几帳面なふりをした、市松模様には、気をつけろ!(笑)

 


コメント(2) 

秋葉神社 [作品(瓦のこと)]

今日は、鈴木正一瓦工場さんのお手伝いで、秋葉神社に行って来ました


こ~んな神社です。





こっちからも







こいつは、蛙股(かえるまた)と言って、屋根を踏ん張って支えて

くれています。

 

UPで




耐震構造には、是非蛙股を・・・・・(笑)

 

そうそう、私のブログを見て下さっている一般素人さんも、

観光バスで、有名な、お寺、神社などを、参拝する機会がありましたら

屋根瓦は、もちろんですが、この、屋根を支えてくれている、

是非!蛙股(かえるまた)にも、注目!してね♪

社寺の何処かにあるはずです。これが見つけられれば、貴方も、

耐震構造のエキスパートです。(笑)

 

さ~て今の現場の瓦ですが、職長さんのこだわりの瓦を・・・・・

 

秋葉神社と言う事で、剣柄が、紅葉もみじ)です。ほ~ら




紅葉に、ベタ万十です。お洒落でしょ

 

さて、本日の依頼は、破風瓦、蓑甲瓦の取り付けです。

今回の掛瓦は、本掛けではなく、簡略蓑甲です。

京都仕上がりの職長さん、簡略蓑甲は、苦手だそうです。(笑)

とりあえず、




こ~んな事、やってみたらしいけろ、不合格です。

 

そもそも、3万円の教科書は、本掛け前提の寸法です。

そもそも、簡略に置き換えるには、相当な矛盾があります。

 

だいたい、簡略の方が、桟そでがある分、逆にむじゅかちいのです。

 

そこで・・・・雑草育ちの私に、相談がありまして、蓑甲下地からの

助っ人です。

こ~んな感じに、施工中




ほ~ら




通りは、どうだ!




ま、こ~んな感じで、施工中です。

瓦の選別は、必要です。割り込みも、絶妙でなくてはいけません!

 

明日かも?なので、




ブルーシートをかけて、本日の作業は、終了です。

 

でも?明日かも?晴れたら、お手伝いに行きます。


コメント(2) 

お洒落は、我慢(笑) [作品(瓦のこと)]

2寸一文字の現場が、本日完成いたしました。


とりあえず、完成写真から、ど~ん





 

 

もう一枚




 

 

さらにもう一枚




 

これで、屋根工事すべて、完了ですご苦労様でした。←自分で、言ってどうするんだ!(笑)

 

さーて、本日の作業内容は、最終段階の、玄関の棟取りでしたぁ!

 

この八谷箇所の棟、ここの所で、ぶった切ってある屋根が多いですが?

ここ

 

 




当社、お洒落な屋根歯科医院の院長先生は、(笑)

ここの所に、このような







絶妙の入れ歯を、段々に、入れてあげます。ほ~ら




そうすると、このように、棟が、すら~っと、瓦から、自然に生まれた

ような、棟が完成!いたします。




 

この方がだ~んぜんかっちょいいでしょ?

 

前からも、




そうそう、うちの方に、このように、棟を伸ばすと、雨が漏る!ので、

ぶった切りが、正統派!だ!な~んて、センスもみじんもない欲ったかりの、アホがいますが??

そんなのは、百も承知なんだ!ば~か!

 

確かに、水の通り道を無理に、狭くしちゃってますので、・・・




そこで、家の女房の名言です。

「お洒落は、我慢!」

そうなんです。お洒落の為には、多少のリスクはしょうがないんです。

 

そのリスクを克服してこそ、本物のお洒落になれます。

諦めたら終わりです。

 

このような、お洒落施工する場合は、特に、自分が雨水になった気持ちで施工しなくてはいけません!

よって、のし瓦の、間に、隙間を設け、雨水を極力スムーズに流す

努力をしてあげます。

万が一に備えて、桟瓦の下の下葺きにも気を配る配慮も必要です。

 

こ~んな感じ





 




お洒落は、我慢なのよ~ん!だ!(笑)

一般の人にはちょっとわからないかな?これと、比べてみてよ





コメント(7) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。